FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.20

(大腸の)盲腸癌闘病記 その5

Category: 盲腸癌
術後~入院生活
5月8~9日 術後、ICU
ICUにいたのは手術日の午後からでした。まだ麻酔が効いているのでうつらうつらの状態で過ごしていました。身体には点滴やらいろいろ管がついていますので、自力では寝返りができません。
痛みは予想よりありません。硬膜下麻酔が効いています。「痛いときはこのボタンを押すと、自動的に麻酔薬が注入されますので遠慮なく押してください。」と看護師さんから説明を受けました。昔は1日に痛み止めは3回までですからと言われ、できるだけ我慢してた記憶があるので良い意味で進歩しましたね。このボタンは外すまで3回押しました。一定量がコンスタントに注入されていて、このボタンを押すと注入量が増える仕組みで痛みを抑えます。ボタンは続けて押しても量が増えるわけではありません。

さて、ICUは機械音や音などで落ち着かないと聞いていましたが、それほど悪い状態ではありませんでした。担当の看護師さんは頻繁にチェックにこられ、夜でも見られている気配がして安心感がありました。室内灯も消してくれてウツラウツラですが睡眠はとれました。ただ、時間は長く感じましたね。長い夜でした。

術後1日目(5/9)
翌日、朝から歯磨きやらベッドを少し起こした姿勢にしてもらったりとリハビリモードに入りました。ベッドに腰掛けその場で立ち上がり足踏みをして体の様子を見て(ICUではここまでだそうです)、またベッドに横になり病室に移動しました。トライボール(呼吸練習器)の練習もしましたが、お腹に力が入らず(深呼吸ができず)、せきもすると痛いのでそろりそろりと練習しました。

その後、お迎えが来て病室に戻りました。まだまだ点滴や管、酸素吸入をしている状態です。
家族が見舞いに来ましたが起き上がれないので寝ながらの相手です。あまりこういう姿は見せたくないのですが止むを得ませんね。

夕方、看護師さんにヘルプをしてもらい歩行訓練開始です。事前に言われていました、「痛み止めを打ってでも歩いてもらいますよ~」。ゆっくりベッドから起き上がるところからです。
ん? お腹に力が入らない?腹筋が?開腹したので腹筋の筋肉を縦に切られたので無くなった?両手でベッドの柵に力を入れて状態を起こし腰掛けました。ふらふらします。看護師さんの指示に従ってゆっくり立ち上がります。なんだか目が回り始めました。気持ちも悪く、吐き気もしてきました。全身麻酔の後遺症でしょうか?ここでくじけても先に進まないので、そろりそろり歩き始めました。う!めまいと吐き気が!?妻がめまいで入院したことを思い出しました。こういうことか。 病棟の廊下は一周100m位はある三角状のレイアウトで、歩くのには目安になって良かったです。(今日は何週回ったとか)
めまいと吐き気を我慢しながらしばらく歩くと落ち着いてきました。次に傷口の痛みを感じるようになりましたが、一周なんとか歩きました。看護師さんは「開腹手術をした人で翌日にここまで歩く人は珍しいですよ。」と驚いていました。歩け歩けと言っていたはずなのに!おじさんはまじめだから間に受けますよ。
歩行訓練は翌日からは時間を見ては回数を増やしていきました。

その後、男女のヘルパーさんが身体を拭きに来ててくれました。さっぱりしました。

術後2日目(5/10)
朝の回診で尿道管を抜きました。時間を見てトイレに行ってくださいとのことです。生まれてはじめての恥ずかしい気がした尿道管とおさらばです。最初のトイレは、腰掛けてしたのですが尿道が痛くてあせりました。次からは男スタイル(立ち○○○)でしたところ大丈夫でしたので一安心です。検尿はトイレに入るとモニターに自分の名前が入力されているで、名前を押すと扉が開き採尿した入れ物をその中に入れます。後は自動で検尿と清掃をしてくれます。進んでいます。

水も少しは飲んでよいと言うことで恐る恐る飲みました。大腸はぐるぐる鳴いています。動き始めたんでしょうね。大便はまだありませせん。

夕方には硬膜下麻酔も外されました。それまでは痛みも我慢できる位で楽勝かと甘く考えていましたが甘かったです。徐々に痛みが出てきました。夜には熱も38.5度と上がり始め、点滴に痛み止めを入れてもらいました。(翌日も同様でした。)氷枕をもらってからようやく落ち着いてきました。痛み止めが効いてじきに眠ったようです。
本日、管関係が2箇所、酸素吸入と合計3箇所外れました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。