FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.14

サッシ窓取り付け

Category: ガテン系
5月連休も前半は息子の農場の手伝い、後半は娘家族の相手とそれなりに充実した連休でした。娘夫婦にはホテルのダイニングでの食事にも誘われ、美味しい料理をご馳走になりました。

さて連休明けに息子のぼくらの農場の田植え前の準備のために行ってきました。主に田んぼのあぜ回りの草かりです。連日の作業で体力の限界に挑戦でした。
農場編とガテン系の2つに分けての報告です。

2013_051101.jpg 初狩PAからの富士山

●屋根修理
前回の強風で吹き飛んだ屋根瓦とずれた瓦の部分を補修しました。問題なのは足場です。平屋とはいっても2階建てくらいの高さはあります。持っている梯子は4mで高さが足りません。
本格的にやるにはきちんと足場を組んで安全を確保してからやるべきなんでしょうが、時間もお金もありません。そこでご近所さんから造園用の6mの脚立を借りて足場代わりに作業をしました。(高さに慣れていないので慣れるまでは恐怖との戦いでもあります)
端の部分は足場を組まないと届かず、屋根からの作業は屋根を突き破って落ちる可能性もあるので、簡易でやりました。 杉板を買ってきて防水シートを貼り、その上から屋根材を貼り付けて瓦の落ちた箇所に差し込むという方法をとりました。大工さんに話を聞き、防水シートを貼ってあれば大丈夫と教わりそのようにしました。
母屋に並行の部分は全て雨どいが落ちて瓦も落ちてくる危険性があるので、番線で端から端まで瓦が落ちないように結びました。

 ※ご近所さんから後日瓦をいただけるのその時までの応急処置です。

2013_051102.jpg 瓦屋根補修中
2013_051103.jpg 応急処置済

★アルミサッシ窓取り付け
この冬の寒さと嵐でこの周辺のお宅も被害がありました。古民家のちょうど上側の家で改築するという話を聞いて、様子を見に行ったところ使えるものはいただけることになりました。
アルミサッシ窓、畳、瓦等です。この家も明治の頃からの古い家で、増改築を繰り返しています。やはり雨漏りもあり瓦の修理を兼ねて大工さんに見てもらったところ、部屋数を少なくして台所や居間、寝室等を断熱材を入れ暖かくした方が良いと言われ、また四畳半ほどの広いタイル貼りの浴室も寒かったと言うのでシステムバスに入れ替えるそうです。今年の冬の寒さは地元の人も相当答えたようです。

そう言う訳で解体しては取りに行き、大工さんに古い家の構造を教えてもらいながらの作業です。
第1弾はアルミサッシ窓の取り付けです。

今は農繁期なので天気予報で1日雨の予報の日がガテンに当てられます。
朝まだ小雨の時に長坂のJマート(ホームセンター)に3.6mの2×4材を買いに行き作業開始です。
昔の家は木の雨戸があり廊下をはさんでふすま、部屋となっていて冬は寒いですね。(大工さんに聞いたら貧しい家では木の雨戸も無く、時代劇のように廊下~ふすま~部屋の作りの家もあったそうです)
4枚ある雨戸も2枚は開き、残り2枚は開かずそのままにしていました。かなりの力を入れましたが開きません。多分、桟が下に下がってきていて上から押し付ける形になっているようです。
やむを得ず壊しました。

2013_051104.jpg 木の雨戸

2013_051105.jpg 雨戸を壊す

それから枠に沿って下側部分をきっちり決めて固定してから、この家の構造に合わせて2×4材で枠を作りサッシ枠を取り付けました。買い物等も合わせて実質1日かかりましたが何とか完成しました。元々取り付けてある他のサッシ窓より良いできです。
2013_051106.jpg 完成

前の持ち主も寒さよけのためにこの部分を長い間ベニヤ板で塞いでいたので、久しぶりに光を当てます。
カーテン等は綺麗にしてから取り付けです。
2013_051107.jpg 明るくなった廊下

2013_051108.jpg 正面から

サッシの取り付けは初めてでしたが、練習にはちょうど良かったです。隙間風が吹き込むよりはましになりましたから。
後は畳を15枚ほどもらったので、古いものと順に交換です。

追記) トイレの簡易水洗もこの冬の寒さで水漏れし、直しても止まりませんでしたので給水栓を閉めていました。これでは困ります。
寒冷地用のトイレなので使用後は節水のために洗浄ガンで水を流します。今回は取り付け栓や洗浄ガンの代用に園芸用の散水蛇口等を買って行きましたが、元々の洗浄ガンをオーバーオールして給水栓に直結しました。見事ジェット噴射しました。
まだ見てくれは悪いですが、実用上は問題ないでしょう。トイレの広さも昔の人の体格に合わせたので狭いですから、広くしなければなりません。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://saysan145.blog51.fc2.com/tb.php/201-0e47e35c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。