FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.11

一時 帰横中

Category: 生活
以前、ブログにも書きましたが、なかなか自分の予定通りにことが進みません。
またまた横浜に一時帰宅しております。
農場の方も夏野菜から秋野菜への移行期に入り、畑の夏野菜の片づけ~秋野菜の植え付け、草刈り、稲刈りの準備を毎日の出荷の合間を縫ってやっています。
いろいろ予定を組んでいましたが、あとのことは農場主の息子に任せて戻りました。稲刈り(10月初旬以降~末)までには戻りたいと思っています。
まあ世捨て人ではないのでやむをえません。

☆L’Appuntamento
という曲をご存知ですか?毎週土曜日にBS日テレでやっている番組「小さな村の物語イタリア」の主題歌です。小淵沢に行くようになってから息子が毎週欠かさず見ています。私も見るようになりました。題名の通りイタリアの小さな村のある日の様子を淡々と描いた紀行番組です。
気が付くと主題歌の曲が耳触りが良くて、だんだんリラックスしていく自分がわかります。イタリア語なので意味は分かりませんが、息子に歌詞はわかるかな~と聞かれていたので、横浜に帰ってから真っ先に調べました。

イタリアカンツォーネ界の大御所
オルネラ・ヴァノーニ(1934、9、22 ミラノ生まれ〜  もうおばあちゃんですね)が歌う「アップンタメント(逢い引き)」という曲です。
カンツォーネと言えば、ジリオラ・チンクエッティの雨が私の若いころ日本でも大ヒットしましたが、オルネラ・バノーニさんは知りませんでした。カンツォーネいいですね~

「L’Appuntamento」逢い引き
Ornella Vanoni (オルネラ ヴァノーニ)

私は今まで数え切れないほどの間違いを犯してきた
でも今日こそ確実だと私には既に分かっている
私はあなたのことを誤解していたけれども
もう一度あなたは私の人生を変えるのね

この奇妙な提案を受け入れることは狂気の沙汰よ
たくさんの人たちに囲まれているのに私は悲しい
あなたも私の前を通り過ぎるだけだけれども
あなたにまた会いたいという郷愁にかられてしまう
その想いが強すぎて涙も出ない

私の顔にかかる太陽の光は希望のサインだ
遠くの方からあなたが突然現れる時を私は待っている
今すぐにでも愛が現れたら私は抵抗することができない

もしもあなたが来なければ私は生きてはいけない
存在しないも同然なんだ

時は流れて雨が降り続いていても
私はただ待つだけだ
世間の人たちが何を考えていても私には関係のないこと
私は行きたくはない

私は反省しているけれども何も感じない
私が持っているものは他の人が失っている希望だけだ
既に遅れている愛というあなたに私は抵抗できない
もしもあなたが来なければ私は生きてはいけない
存在しないも同然なんだ

様々な光や車や陳列棚や道など全てがとても混乱しているようだ
私の影は私を追いかけることに飽きている
その日がゆっくりと終わろうとしている

自分の家に帰って悲しい人生に戻ることは私には相応しくはない
私があなたに捧げたかったこの人生は
あなたの指の間からぼろぼろと崩れ落ちていく
愛が容赦してくれても私は我慢できない
もう二度と私は生きてはいけない
存在しないも同然なんだ


お暇なときにでも一度ご覧ください!ほかの挿入曲もいいですよ~(日テレの回し者ではありません)
Webからでも「小さな村の物語イタリア」やL’Appuntamentoで検索すればYoutube等で見ることができます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://saysan145.blog51.fc2.com/tb.php/180-0f27b15e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。