FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.29

体は一つ

Category: 生活
しばらくブログの更新はできないかもしれません。

今月初旬に妻が回転性の目まいで動くこともできず救急車で近くの病院に運ばれ入院しました。いろいろな検査をして、どうやら突発性難聴の再発ということでした。入院した病院では目まいの改善の治療(点滴、投薬)のみで、めまいが治まったらいつでも退院してくださいということでした。
6日間の入院でなんとか自力で歩けるようになったので退院し、翌週にかかりつけの都立荏原病院の耳鼻科に行きました。案の定、即入院し突発性難聴の治療を開始しました。(効果があるなしにかかわらず、できることはやってみましょうの姿勢が患者や家族にとっては必要であり安心します!)
ステロイド剤の点滴、星状ブロック注射(午前、午後の2回)、高圧酸素室 を約2週間続けます。
高圧酸素治療は入院していても予約がいっぱいで一週間遅れの治療開始となり、入院も3週間位になりそうです。(合計一か月です)

聴力もゼロになり全く聞こえなくなり、ますます体のバランスが崩れてしまいました。幸いなことに治療開始後若干ですが聴力計のレベルが動いたそうなので希望が出てきました。実用レベルの聴力が無くてもあった方がバランスには良いそうです。

同時期に兄が急死しまして、そちらの方にも行っていました。親はすでに亡くなっているので兄妹だけです。妻も入院手続きやらあり、葬儀ありと連日行ったり来たりでした。
実の兄妹よりも妻の方が辛苦を共にした年月も長くそちらを一番に考えての毎日でした。
とは言っても残された妹の今後のこともあるので、そちらのことも併せて考えなくてはいけません。

兄の葬儀で感じたことは親兄弟の家族も大事ですが、自分の家族を持たなかったのは寂しかったですね~ 独身もよい面もありますが、晩年には家族や親せきも減り自分の家族もいないのは考えてしまいました。まだ独身の息子も頑張って家族を作ってもらわねばと思う親父です。

小淵沢もすべて途中でほっぽり出して横浜に戻ってきてしまったので心配ですが、息子に頑張ってもらうしかありません。昨日から稲刈りを開始したようですが、台風が上陸しそうなので稲の倒伏が心配です。

神様(天)も乗り越えられない試練は与えないでしょうから、一つずつできることからやっています。

マニュアルの仕事も回してもらいやっています。(感謝)
精神的に仕事をやっていた方が良いですね~ (ろくなことを考えませんから)

そんなわけで忙しい毎日を過ごしていまして、田舎通いのことはしばらく書けないかもしれません。愚痴こぼしはあるかもしれません。

さてこれから病院です。お昼を食べに行きます。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2012
09.11

一時 帰横中

Category: 生活
以前、ブログにも書きましたが、なかなか自分の予定通りにことが進みません。
またまた横浜に一時帰宅しております。
農場の方も夏野菜から秋野菜への移行期に入り、畑の夏野菜の片づけ~秋野菜の植え付け、草刈り、稲刈りの準備を毎日の出荷の合間を縫ってやっています。
いろいろ予定を組んでいましたが、あとのことは農場主の息子に任せて戻りました。稲刈り(10月初旬以降~末)までには戻りたいと思っています。
まあ世捨て人ではないのでやむをえません。

☆L’Appuntamento
という曲をご存知ですか?毎週土曜日にBS日テレでやっている番組「小さな村の物語イタリア」の主題歌です。小淵沢に行くようになってから息子が毎週欠かさず見ています。私も見るようになりました。題名の通りイタリアの小さな村のある日の様子を淡々と描いた紀行番組です。
気が付くと主題歌の曲が耳触りが良くて、だんだんリラックスしていく自分がわかります。イタリア語なので意味は分かりませんが、息子に歌詞はわかるかな~と聞かれていたので、横浜に帰ってから真っ先に調べました。

イタリアカンツォーネ界の大御所
オルネラ・ヴァノーニ(1934、9、22 ミラノ生まれ〜  もうおばあちゃんですね)が歌う「アップンタメント(逢い引き)」という曲です。
カンツォーネと言えば、ジリオラ・チンクエッティの雨が私の若いころ日本でも大ヒットしましたが、オルネラ・バノーニさんは知りませんでした。カンツォーネいいですね~

「L’Appuntamento」逢い引き
Ornella Vanoni (オルネラ ヴァノーニ)

私は今まで数え切れないほどの間違いを犯してきた
でも今日こそ確実だと私には既に分かっている
私はあなたのことを誤解していたけれども
もう一度あなたは私の人生を変えるのね

この奇妙な提案を受け入れることは狂気の沙汰よ
たくさんの人たちに囲まれているのに私は悲しい
あなたも私の前を通り過ぎるだけだけれども
あなたにまた会いたいという郷愁にかられてしまう
その想いが強すぎて涙も出ない

私の顔にかかる太陽の光は希望のサインだ
遠くの方からあなたが突然現れる時を私は待っている
今すぐにでも愛が現れたら私は抵抗することができない

もしもあなたが来なければ私は生きてはいけない
存在しないも同然なんだ

時は流れて雨が降り続いていても
私はただ待つだけだ
世間の人たちが何を考えていても私には関係のないこと
私は行きたくはない

私は反省しているけれども何も感じない
私が持っているものは他の人が失っている希望だけだ
既に遅れている愛というあなたに私は抵抗できない
もしもあなたが来なければ私は生きてはいけない
存在しないも同然なんだ

様々な光や車や陳列棚や道など全てがとても混乱しているようだ
私の影は私を追いかけることに飽きている
その日がゆっくりと終わろうとしている

自分の家に帰って悲しい人生に戻ることは私には相応しくはない
私があなたに捧げたかったこの人生は
あなたの指の間からぼろぼろと崩れ落ちていく
愛が容赦してくれても私は我慢できない
もう二度と私は生きてはいけない
存在しないも同然なんだ


お暇なときにでも一度ご覧ください!ほかの挿入曲もいいですよ~(日テレの回し者ではありません)
Webからでも「小さな村の物語イタリア」やL’Appuntamentoで検索すればYoutube等で見ることができます。


Comment:0  Trackback:0
2012
09.02

8月 農作業

Category: ぼくらの農場
夏休み&お盆休みのピークも終え、一息ついたところで月末のお米の配達等があるので、精米してから横浜に戻りました。
ぼくらの農場の夏野菜も順調に採れてレストラン等の注文に合わせて収穫、出荷と毎日休みなく過ごしました。
親父は朝どりは忙しい時を除いてパスして、起床後は洗濯、朝食の支度、息子が朝どりを終えて一息ついたところで朝食~片づけ~洗濯物を干す~野菜の出荷調整作業の手伝い(主にトマトを担当)
昼ごろに出荷作業終了が終了し、配達・納品してから昼食。一休みしてから草刈り、誘引作業。
宅配等がある日は息子は宅配の箱詰め、秋野菜の準備、畑の片付けや準備。
雑草は草刈り後一週間もするとまた青くなってきます。順番にやっていますが追いつかないですね。

それでは順番に話しますか! 約ひと月分です。長くなるかもしれませんがご容赦を!

●火災警報器の設置
消防法等により新たに火災警報器等の設置が義務付けられました。遅くなりましたが、叔父からほとんど使用していない火災警報器をいただいたので設置しました。台所には熱探知器、居間には煙探知機です。息子の家はこれでオーケーです。消防団員の家に無いのは問題ですからね。
201208001.jpg 火災警報器

◆ぼくらの農場 農作業
左がミニトマト、右がマイクロトマトです。他にも変わった野菜が沢山ありますが親父の担当したものだけにしておきます。
201208002.jpg   201208003.jpg

お盆休みにKさん家族が今年も来訪してくれました。マイクロトマトの収穫とパック詰めのお手伝い、後日カボチャの収穫もお手伝いしてくれました。娘さんは恥ずかしがっていましたが、古民家の部屋の中を駆けずり回っていました。来年以降は孫娘も合流できると良いのですが。
201208004.jpg パックしたトマトは完売しましたよ!

ブラックベリーも順調にシュートが伸びています。ここから来年実をつける枝が出てきます。
秋以降にいよいよ支柱等設置です。
201208005.jpg ブラックベリー

稲も出穂し順調に大きくなっています。ニュース等で雨が降らず、この時期の稲にとって大事な水が足りないと困るとやっています。ここ八ヶ岳のふもとの湧水を使った田んぼは水量も豊富で今のところ問題はありません。
201208006.jpg お米の赤ちゃん

201208007.jpg ぼくらの農場主 嫁さん募集中!

雲が花火のように綺麗です。
山のせいか、気圧やいろいろな条件が重なるんでしょうか、連日雲がいろいろな形を見せてくれきれいです。地震雲?等不安なものもありますが、見方を変えれば花火のように農作業で疲れた体には良い息抜きです。
201208008.jpg 花火雲

◎キッチン ベヴィトーレ
息子が小淵沢で農業を始めたころからの知り合いのN氏が今年初めに念願のイタリアンレストランを韮崎市にオープンしました。息子は何回か行ったようですが、今回妻のあけちゃんもお盆休みの後半に来たので一緒にランチを食べに行ってきました。珍しく息子のおごりでした。
ランチと言ってもそれなりのコース料理で、息子の野菜も使ってどれも美味しくいただきました。
たぶん東京等の都会で店を出してもお客さんは入ると思います。立地条件がいま一つですが頑張ってほしいと思います。(数年前に古民家で農場の野菜を使った料理や4種類のパスタ食べ比べとかでイベントをやった時にお手伝いしていただきました)
親父は当然ビールやワインをおいしくいただきました。
201208kitchen01.jpg  201208kitchen02.jpg

201208kitchen03.jpg 201208kitchen04.jpg

201208kitchen05.jpg 201208kitchen06.jpg
201208kitchen07.jpg


☆お食い初め
早いもので孫娘も生後100日を過ぎ、お食い初めです。ちょうど食事会に呼ばれたので行ってきました。孫娘も病気の方は経過観察ということでぎりぎりの所でセーフのようです。それ以外の所は順調に発達し体重も三ヶ月で7kgは超えたようです。コロコロしています。前日に寝返りもしたと連絡があり、食事会の時に目撃しました。早いですね~

お食い初めもタイの尾頭付き(親父がさばきました)、煮物、お吸い物、刺身、漬物、ポテトサラダ、枝豆、梨等豪勢でした。これから食べ物に困らないようにと願いを込めて両家で食べました。
本人はまだおっぱいが一番良いようです。

20120901mago01.jpg 20120901mago02.jpg

さて9月に入りましたが、横浜の用事を済ませて農作業に戻ります。(横浜のご近所の農家さんは雨が降らず、畑の片付けを始めています。秋野菜どうするんでしょうか?)

ジミさんという方が春先に載せたソーラーパネルの自作記事をお読みになって、制作され無事に動作しお礼の書き込みがありました。うれしいですね~ また何か考えてみようかと意欲がわきます。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。