FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
10.30

おしゃれなパン屋さん

Category: 生活
だいぶ前から朝食のパンが変わりました。
地元に昨年出来ていたようで、我が家の女子軍はとっくに知っており食卓に出していたようです。

TOTSZEN BAKER'S KITCHEN
一見すると高級バーのようで、背広を着た人(オーナーでハンサムらしい)が応対するようです。(私は行ったことが無いので詳しいことはわかりません)
わが地元には他には「摩天楼」というラーメン屋さん(夏場には自家用でトマトやら野菜を届けています)があり、私的には一番美味しく落ち着きますね。(息子も帰ってくると必ず食べに行きます)

そこのオーナーはお米にもこだわりを持っているらしく、今まで全国の美味しいお米を食べてきたそうです。あけちゃんが買い物ついでに「ぼくのお米」のことを話したら、是非食べてみたいと言うことで、先日届けてきました。今日買い物ついでに寄って話をしたところ(こういうグルメな人の評価は気になります)、美味しいかったと言ってもらえたそうです。毎回水の量の加減を変えて試しているようです。お新香と味噌汁だけでオーケーと楽しい食事になっているようで安心しました。友人の方も紹介してくれそうで輪が広がりそうです。

配達はあけちゃんがママチャリですることになりそうです。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2008
10.28

2008年度ぼくのお米パンフレット

Category: ぼくらの農場
2008年度(平成20年)の「ぼくのお米」のパンフレットができましたのでアップしました。
ぼくの農場からもじきにアナウンスがあると思います。
Comment:0  Trackback:0
2008
10.28

精米・販売開始です

Category: ぼくらの農場
先週脱穀が終わり一息といきたいところでしたが、新米を待っている知人や友人がいます。25日の土曜日に日帰りでお米を取りに行きました。
ぼくの農場主たちも引き続き片付けやら、来年用の野菜の植え付け、収穫・出荷・精米とまだまだ忙しいようです。お米作りの作業はピンきりあります。手を抜こうと思えば抜けるし、かければきりがないしです。息子はどうやら後者のようです。脱穀後、わらを田んぼ全面に均等に撒き、わらを早く分解する有機の薬(?)を撒きなじんだところでトラクターですきこみます。これを年内に2回ほどやり、田んぼはお休みになります。

野菜も小淵沢近辺のレストランに卸していますが、新たにリゾナーレのレストラン(OTTO SETTE)とも取引が始まったようです。道の駅で大量に買占めするお客さんがいたそうで、リクエストも何度かあり、最後には直接連絡が入り、どうやらリゾナーレのレストランの方だったようで直接取引ということになったようです。(当然道の駅にも今までどおり出荷していますが量が?です)
リゾナーレも放火騒ぎがあり、テレビを賑わしていますが、幸い問題なく営業できるようでよかったですね。

1026_kome_256.jpg 袋詰め後の新米
親ばかですが、地元横浜近辺は夫婦で届けました。250kg持ってきてほとんど配りました。

息子が野菜を置かせていただいている日吉にあるイタリアンレストランのレ・フレッチェにもついでに2kg袋を10袋ほど持って行き置いてきました。私は初めて行ったのですが、大矢シェフも良い感じの人でプロ(職人)の匂いがしますね。日吉に有機野菜のお店があるが、値段の割には?だそうで、ぼくの農場の野菜の方がはるかに美味しいといってくれました。やはり食べに行かねば!!
価格は大矢氏にお任せで帰ってきました。(送料等を加味するそうです。置かせていただいている野菜等の販売に対して、大矢氏はマージン等一切取っていません、完全なるボランティアです。感謝!!)


Comment:0  Trackback:0
2008
10.22

脱穀完了!&ポールラッシュ祭

Category: ぼくらの農場
脱穀ようやく終わりました!!
9月末から稲刈り~天日干し~脱穀と毎週通い続けてようやく終わりました。
今年は台風も無く比較的順調にできましたが、それでも雨が降れば延期になりますし、朝も朝露が残っているので10時過ぎにならないと作業ができず、夕方も日が落ちるのが早くなり時間との勝負になったり大忙しでした。
101801.jpg 脱穀完了
101802.jpg
コンバインも脱穀~わらカットまで一気に出来るので作業がはかどりました。
わらくず等が飛ぶのでマスクをしないと口や鼻、目が大変です。
101803.jpg
モズのはやにえ
数年前に家の前の斜面にトカゲが木の枝に刺さっていて驚きましたが、今回は天日干ししているわらにヘビが刺さっていました。おいしいところは食べられていて、からからに渇いていました。多分モズの仕業だと思います。


■ポールラッシュ祭
まだはざがけの道具の片付けも少し残っていますが、今年も清里のポールラッシュ祭に行ってきました。ちょうど昼時に行っておいしいものを食べながら(飲みながら)お日様の下でイベントを見るのは楽しいですね。例年より暖かく気持ちが良かったです。
101901.jpg
101902.jpg 石釜ピザ

101904.jpg ベリア大学ブルーグラスアンサンブル
アマチュアの大学生ですが、大変上手でいいもの見させてもらいました!
101905.jpg 
記念に手作りCD(皆さんその場でサインしてくれました)を買い、記念写真をぱちり!!

定番のソフトクリームを食べ、時間があるので映画「西の魔女が死んだ」のロケ地もここ清泉寮内にあり、祭り期間中は入場無料ということなので行ってきました。
101906_majo.jpg 西の魔女の住まい
良い感じです。こういう家が建てられたらな~と夢が膨らみますね。前庭でお茶できるのでみんなで紅茶をいただきました。時間も4時が過ぎ、帰ろうとしたところそこで蒸しパンを売っていた方が、「好きなだけ持っていってください、捨てるのももったいないので」ととり放題状態でお土産をいただいて帰りました。

帰りは中央道も渋滞しているので韮崎のゆ~ぷるで温泉に入り、双葉PAで食事をしてからのんびり帰りました。渋滞もおさまっており疲労感も違います。

●ETC割引
ご存知の方も多いと思いますが、9月から土日祝日昼間割引が始まっています。前回土曜日の昼間にいつものように韮崎で降りた時、料金が¥1,350-と表示されたので??(もうかった)と思っていたのですが割引が適用されただけでした。調べると土日及び祝日の昼間(9~17時)の100kmまで50%割引が適用されるようで、通勤割引とあわせると6~20時までは割引が適用されます。
選挙がらみもあり、高速料金の値下げ案が与野党から発表されています。こういうのは早めにお願いしたいですね。
Comment:0  Trackback:0
2008
10.07

稲刈り~コンバイン登場

Category: ぼくらの農場
10月4日
コンバインで刈り取る予定の田(約2.2反)の半分を稲刈りしました。コンバインはヤンマーのCA120Pという2条刈りのもので、夏に茨城県の農機組合から買ったものです。外見もまあまあで下回りもきれいにされていて、オークションで買うよりは良い買い物ができたと思います。(格安でした)
説明書を見て操作を覚えながら、恐る恐る稲刈り開始です。順調に動いてくれましたが、なぜか籾の出が悪いです。そのうち黒い煙が出だし、あわててエンジン停止です。良く見ると脱穀部の下のほうが詰まっているようです。昨年農家の平田さんにお借りしたハーベスターも同じような症状が出て、平田さんを呼んで見てもらいました。機械の下にもぐって排出口の蓋を開けて籾を出します・・・無事元に戻った。・・・を思い出して、急遽同じ要領(農機具は基本は同じ原理)で何箇所もある扉を開けて籾を出しました。どうやらここまでは点検をしなかったようで、古い籾がこびりついていたようです。
その後何事も無かったように快調に稲刈りができました。
100402.jpg
始めは端から刈っていきコンバインの回転スペースを空けます。思ったより疲れます。

100403.jpg
相変わらず仲が良い二人で焼けます。あっちっち~

今日はJA(農協)に出荷する分(10表)を刈り取ります。
ちなみに籾の水分は
100401.jpg新しい武器の水分計
17.2%でまだ水分が多いようです。適正は13~15%なのでもう少しです。(稲刈り前なので、稲刈り後に図ったときは16.5%位でした)
JAのライスセンターの受付は午後4時までと聞いていたので、半分終わったところでもう4時30分でした。あきらめて明日持ち込もうと考えていたのですが、三井さんが軽トラで通りかかり今日刈ったお米はそのまま置いていたら熱を持ち駄目になるので、センターに運んで乾燥させないと駄目だと言われました。センターに電話をしてくれて、今日中に持ち込むことにしました。

☆またもや
もう時間も5時を過ぎ、暗くなってきました。急いで軽トラを田んぼに入れて籾袋を回収していたところ・・・・昨年に続いてやってしまいました。籾を積んで重くなった軽トラはぬかるみにはまって動かなくなりました。まいった!これも昨年の経験からトラクターを出動させ引っ張り出して無事救出成功です。しかし、籾袋を軽トラから降ろしたので、今度は1袋ずつ担いで軽トラに運ばなくてはいけません。
時間も5時30分過ぎました。あ~だんだん腰が・・めまいが・・息が・・重労働でしたが、3人で何とか軽トラに積んで急いでライスセンターに持ち込みました。セーフでした。

まだ良くわかりませんが、コンバインで刈ったお米は(機械)乾燥が必要でそのまま置くと、来年夏場には持たないようです。天日干しの分は、十分乾燥され保存しても大丈夫です。残りの分は急遽天日干しに切り換えて、自然乾燥させてから保存しようかと農場主と相談中です。(当然お米は美味しくなりますが手間が増えます)

お米の水分が大事なのは良くわかります。無人精米所には16%以上のお米の持ち込みは禁止と張り紙がしてあります。機械の故障の原因だそうです。試しに16.5%の籾を我が家の籾摺り精米機に入れてたところ籾摺りをして次の工程に進む過程で、玄米の水分が多いせいか転がらず詰まってしまいました。よ~くわかりました。新米を食べるのはお預けですがもうしばらくです。

今週はクラフトフェアー、来週は清里でポールラッシュ祭です。収穫祭に行けると良いのですが、がんばらねば!!まもなく今年の援農も終わるかな?
Comment:0  Trackback:0
2008
10.03

小麦の製粉所

Category: ぼくらの農場
夏に収穫した小麦を家庭用の製粉機で製粉しましたが時間もかかり大変でした。
お米の収穫もまもなく終わりオフになります。その間小麦を使ったものを考えるのもよいと思います。
製粉所はあちこちにありそうですが、なかなかわかりません。
横浜に帰ってから探したところ世田谷の環八沿いにあることがわかり早速問い合わせをして見ました。我が家から第三京浜を使い45分ほどのところです。
(株)島田製粉所で製粉以外にいろいろイベント等やっています。

0930_seifun1.jpg
0930_seifunn2.jpg
工場の中を見学させていただき、たくさんの機械がありました。製粉は何工程もあり小麦粉にするまで手間がかかるのが良くわかります。
今回30 kgをお願いして普通の小麦粉と全粒粉(皮を除いた後の状態で製粉することで、お米で言えば玄米)を半分ずつ頼みました。千葉や山梨からも製粉の依頼が来ているそうで、ちょうど山梨の双葉IC付近のパン屋さん(ドイツパン)から全粒粉の依頼が来ていて出来上がったものを見せてもらいました。全粒粉のほうがこの小麦をパンにするのには向いているようです。

☆農大つながり
農業や食の関係を始めると、農大(東京農業大学)卒業の方に多く出会います。この島田製粉所さんの話をしているうちに、息子さん(来年4月にはサラリーマンを辞めて戻ってくるそうです)が高校のときからの息子と同級生(同学年)らしいと言うことがわかりました。大学は学部により世田谷と厚木に分かれたようですが、親近感が沸きました。輪が広がると良いですね。

■お米販売
知り合いを中心に少しずつお米の注文を受けています。出来るだけ皆さんに食べてもらえるよう調整していますが、数に限りがありますので、ご希望の方は早めに「ぼくの農場」に頼んでください。
それにより在庫量を調整したいと思います。毎月配達か個別注文かをお願いします。
幸いなことに昨年のお米は毎月配達の最終回+在庫があるだけ欲しいお客さんがいて完売しました。いよいよ新米です。

※ピヨコさん、8月は暑い中農場に来ていただいてありがとうございました。本業の仕事も一段落して余裕が出てきました。裏方ですが好きなガテンを少しずつ再開です。
農業はいろいろやることがあります。お百姓の名前のように100は仕事があると思ってください。出来るもので結構ですので、今後ともお願いします。来年のお田植えなんか良いですね。
Comment:0  Trackback:0
2008
10.03

稲刈り~天日干し

Category: ぼくらの農場
天気予報で台風13号が発生し、このまま進むとまた稲刈りが延期になりそうです。急遽仕事を休み(関係者に後押しされたり、急いで仕事を片付けたりと前日は大忙しでした)9月25日~28日のよていで稲刈りに出動です。
今回は昨年同様、第1農場と第2農場のお米を天日干しする予定です。今年新たに増えた田んぼはコンバインで刈る予定です。(機械の操作の習得も兼ねます。ここのお米は保管場所の問題もあり半分はJAに納める予定です。)前日の24日にすでに第2農場の刈り取りを始めていて、続きから始めました。あっという間に終わりました。夜は白州の尾白の湯に行き、湯上りにいっぱいのビールは美味しかったな~(息子の彼女が運転をしてくれました。)

翌日からは2日間の予定で前の田んぼの稲刈りです。ここは約2反(600坪)と広く大変です。前日までの風雨で稲も倒れているところがあり、刈りづらいはずなので時間がかかりそうです。
☆ヘルパー
我が家の女性軍は休暇をとり、26日(金)の夜に合流して、土日と手伝ってくれました。主に裏方の食事の世話(今回はビーフシチューでした。田植えはカレーライスです。)やはざがけをがんばりました。
土曜日には日本レストランシステムの方がお手伝いを兼ねて来てくれました。(全国の美味しいお米を探して回っているそうです。美味しいお米の産地は風景が似ているそうです。ここもそうです。)

日曜日は息子の後輩の農大生が始発の電車に乗って手伝いに来てくれました。ご飯をもりもり食べ一生懸命働いてくれました。
また、八王子の豆腐割烹料理屋さんの雪花菜(きらず)の皆さんも見学に来てくれ、楽しい昼食でした。このお店にも野菜を卸しており、料理に使っていただいています。女将さんのブログにも書かれています。お酒の好きな方や料理に興味のある方はどうぞ。10月はぼくの農場の野菜を使った料理や農場主を招いてイベントを企画しているそうです。(そういう私はまだ行っていません。日吉のレ・フレッチェさんもまだです。)
092701.jpg 稲刈り終了~天日干し中

092702.jpg 美味しいそうなお米です!!

お米の水分は15%位が良いそうです。JAに出荷するときは水分量が多いと乾燥代が取られます。
ここのお米を試しに水分計で測定したところ 20%でした。これを天日干ししながら稲の葉っぱの成分もモミに浸透させ、じっくり乾燥させます。コンバインはやはり植えたままの状態で水分を見ながら稲刈りです。

092703.jpg
お疲れ様でした。

さ~て次回は脱穀です。台風が来ているのでどうなることやら(幸いなことに直撃はしませんでしたが、雨が降ったので微妙です)

朝晩は寒いです。長袖が必要です。夜も布団掛けでちょうど良いです。まもなくコタツ、ストーブの出番です。霜も降りると路地野菜も終わりです。冬が早くやってきそうな予感です。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。