FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
06.16

裏方

Category: ぼくらの農場
14~15日と3週間ぶりに行ってきました。
今回は裏方8割、農場の仕事は2割の予定で溜まっている雑用を片付けます。
★草刈機
頼んでいたあぜ用草刈機(中古)が届いているので試用です。本格的には次回以降になりますが、また新しい武器を手に入れました。(少しは草刈が楽になるとよいのですが)
0614_kusakariki.jpg
共立のAZ600という機種です。予想よりきれいなので驚くやらうれしいやら!(最初の年にオークションで買った管理機が外れで買い直しになり家族からブーイングで反省したようなしないようなです)

●ぼくの農場
葉物はもうじき終わるようです。基本的に息子が一人でやっているので、種まき、土作り、植え込み、田んぼの見回り、草刈、地域の付き合い等きりがありませんが限界を超えない程度に気長にやってほしいものです。急いてはことを仕損じる!!ですかね。
0614_02.jpg
稲も順調に生育しているので安心しました。他の農家さんの田んぼに比べて粗植(普通は一株に5~6本の苗を植えるのですが、息子の方針で1~3本です。ブンケツが始まれば変わらなくなるそうです。もう少し成長したら今度は深水にして太い茎を作り、秋の収穫時に倒伏に負けない丈夫な稲にするそうです!??)
0614_03.jpg
草刈機で刈った後。斜面は刈れませんが直線は一気に刈ってくれました。遠くに畝をつくっている農場主がいます。
0614_04.jpg
森の農場・・・葉物を中心の畑です。
0614_05.jpg
森の農場の収穫

■道の駅
心配です。昨年までと比較して道の駅に並ぶ野菜が多いようです。朝一番には間に合わず、遅く行ったときには並べる場所が無いくらい並んでいるそうです。私は直接見ていませんが、道の駅の契約農家が増えたことや、ガソリン価格の高騰で例年よりお客さんが少ないようなので競争が激しくなりそうです。価格競争に入るのは悪循環になるし、売れなければ何にもならないし、これ以上早起きして収穫しても体を壊しては元も子もないしと考えちゃいますね。忙しさにかまけて変な野菜を売っても信用をなくすし、宅配等を増やしていく方が良いですかね~ 道の駅は新規就農時からお世話になっているから、できるだけ卸したいようです。

野菜も変わった野菜は売れ行きが悪いようです。美味しいんですけどね。お客さんもどう食べていいかわからないから無難なものを変われるようです。宅配なら説明すれば食べてもらえますかね。

2~3日前も私のガテン系のHP時代から見てくださっている方が、連絡をくれ農場に見学に来て宅配を注文してくれたようです。私のHPも見てくださる方がいるんですね。ありがとうございます。

彼女も毎週末手伝いに来てくれているようです。今回も3回目ですが親としては合格点を挙げられます。畑や山から取ってきたルバーブ、クワの実(日吉のレフレッチェのシェフの大矢さんが昨年見えた時に感激してたそうです)やベリーなどをとってきてはジャムを作っています。それも楽しそうに。ジャム職人です。(ケーキや料理も上手です)

★Yahoo BB設置
0614_06.jpg
Yahooから接続キットが届いていたようで、接続を頼まれ何とか終わりました。
Yahoo 12M ADSL(2ヶ月無料とかNTTの権利無料とかの特典付)ですが、説明書に従ってケーブルをつなぎ付属CDのインストールキットを使い設定します。はじめはLANケーブルをつないで設定しましたが、問題なくできました。次に持っていった無線LAN(バッファロー製)ですが、これも手順に従って進めていくのですがAOSSという簡単に設定する段階になってパソコン内臓のカードを認識せず、悪戦苦闘です。結果としては修復をして認識をさせることができ、あとはすんなりできました。
接続スピードも4.7Mとまあまあの数値が出ています。息子には繋がったので後で教えると言ったきり忘れて帰ってきたのでどうなることやらです。WindowsもOSがVISTAなのでセキュリティ関係が厳しく厄介です。経験がないと広告にあるような簡単に設置とは言えないですよね。

来週あたりに農大の学生さんが来るそうです。草取りやカブトエビの卵の入った土(宅配で届いています)からカブトエビを増やすために開いている場所にプールを作り飼うそうです。
息子曰く、研究用にしている田んぼは土や肥料も慣行のものではなく完全無農薬+アルファだそうです。素人にはわかりませんが稲も気持ち違うようです。はやくここのお米食べたいな~(他の田んぼもほとんど同じです)
夏ごろにはお米の注文を受けるように言ってありますので、ご希望の方はどうぞ!今日も昨日持って帰ったお米(昨日精米です)を配達してきました。家族の方やら親戚にも評判で追加注文です。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2008
06.11

ドラマ

Category: 生活
韓国ドラマ 全167話 4月より視聴開始して今週ようやく見終わりました。
こんなに長いドラマを一気に見るのは初めてで、女性軍につき合わされました。
中国の延辺に住む朝鮮族の女の子グッカ(かわいい~)が、韓国の金村(ソウルから1時間位の田舎町)の洋服屋の三男と三日間のお見合いで結婚を決め、船に乗ってやってくるところから物語りは始まります。しかし、その時結婚相手は交通事故死で葬儀の真っ最中です。中国に戻っても両親をなくし、親戚のおばさんの家に厄介になっており、仕送りもしなくてはならず・・・

卵売り、掃除、サウナとたくましく仕事を見つけてはせっせと仕送りをします。(涙ぐましい)
そこの家族と長男夫婦の息子(甥っ子)、息子の働いている会社の室長(結婚相手、チッチケ)とその家族の2家族の人間模様を描いた内容で楽しめました。変なひねりもなくおじいさんの純愛やら、韓国の金持ちの生活、田舎の普通の家族の生活を描いたホームドラマです。TUTAYAでもレンタルしているようなので時間と気力のある方にはお勧めです。
エンディングは家族でハンドシェイクでした。今でも主題歌が耳に残っています。
ヒロインのグッカ(芸名は忘れました)は、本当にかわいくこれからブレイクしそうです。その後「王と私」にも廃妃役で出ています。
Comment:379  Trackback:0
2008
06.04

相変わらず

Category: 生活
相変わらず忙しい日々が続いています。
ぼくの農場の方も手伝いに行きたいのですが、野暮用が多くやりくりに思案しています。
今年は早い梅雨入りで、農場のスケジュールも狂いっぱなしで苦労しているようです。
雨も小雨ではなく大雨で、第一農場の畑は田からの転換なので水がたまりやすく、雨がやんで2~3日は入れず、さあやろうとした時にまた雨の繰り返しです。
ガソリン代の値上げ等で今年は例年より道の駅に来るお客さんも少ないようで、売り上げに影響しそうな予感がすると言っていました。宅配等販路面でも考える必要がありますね。

息子のブログでもそのうち触れるでしょうが、新たに次のものが増えます。
1. 
電話(FAX付)・・・レストラン等の注文などに使えます。また、収穫予定等の連絡にも使えますかね。ネットも同時に申し込んだYahoo BBなのでアドレス等変更になるかもしれません。
2. 
あぜ草刈機・・・草刈担当の私が関西の農機具屋から中古で購入しました。(まだ手元には来ませんが、点検整備をしっかりやってもらうことにしています。これから暑い夏の草刈は大変なので、少しでも軽減できればと思います。)
3. 
ぼくの農場のロゴ入り宅配用ダンボール・・・3年目にしてようやく作ることにしました。今月中旬以降からこの箱で宅配すると思います。(楽しみです)


今週末はもう40年前になる恒例の小学校のクラス会です。5年前に35年ぶりに初めていらい続いています。東京の下町なので帰りはいつも最終ぎりぎりでつらいものがありますが、恩師が健在なうちは参加です。2次会のカラオケも年に一度ですが、フォークを中心に歌っています。(1年に一回のカラオケです)

7月も依然勤めていた会社の同窓会です。これも昨年30数年ぶりに参加をして、今年も長い間海外勤務だった人が戻ってきたので開かれます。高度成長期で(私は団塊の世代の次の世代です)、仕事に遊びに連日連夜がんばって飲んでた時代で、思い返せば楽しかったですね。
仕事の打ち上げで飲みに行って、翌日は参加者全員二日酔いで休み、翌々日リーダーが課長に起こられていました。とかきりが無いくらい面白いことがいっぱいありました。
だからいまだに続くんでしょうね。唯いえるのはみんなおじさん、おばさんになりました。
Comment:5  Trackback:0
2008
06.01

みそ作り2008

Category: 生活
昨年仕込んだお味噌が家族では評判なので、今年も作りました。
私が仕入れているのは米五のみそのキットで、材料から桶まで一式あり、後は作る時間さえあれば簡単に作れます。
今年は農場で取れた青い大豆を混ぜて作ってみます。
miso1.jpg
北海道産大豆とぼくの農場産大豆をミックスしました。
miso2.jpg
米五の米麹と天日塩を混ぜたもの、他の添加物はありません。

前の晩から水に浸した大豆を煮ます。なべでは6~8時間かかるので、圧力鍋の登場です。鍋いっぱいにして煮るとあふれるので4回に分けて煮ます。1回で15~20分程で煮えるので合計でも鍋よりは早くできるので便利です。煮えたらビニール袋に入れてすりこぎ棒でつぶします。
miso3.jpg
袋が破れない程度に押しながらつぶしていきます。これは手が汚れなくて良い方法です。

大豆を全部煮てつぶしたら、次は最初に作った麹と塩を大きな鍋に入れて混ぜます。
miso4.jpg
ぐにょぐにょして気持ちいいです。このとき一緒に煮汁も入れます。
大体混ざったらボール代の大きさに丸めて、味噌桶に投げ込みます。(空気を入れないため)
全部桶に入れ終わったらサランラップで空気に触れないように包み、内蓋を置いてその上に重石を置いて、新聞紙で囲んで終了です。
朝9時頃から始めて12時30分に終わりました。
この時期に仕込むと発酵が早いので早めに食べることができます。とはいっても来年になりますが。

さてぼくの農場産の大豆を混ぜたお味噌はどうなるかお楽しみです。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。