FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.26

リハビリ中

Category: ぼくらの農場
●足骨折その後
右足腓骨骨折をしてはや二ヶ月経ちました。シーネ固定ギブスも取れ松葉杖~杖~自力走行とリハビリに励んでいます。
早く治ると舐めていましたが、まだ足は痛みます。若干足を引きずる感じになりますが、極力自然に歩くようにしています。
当初通っていた整形外科ではまだ骨折線は見えるが順調なのでこれでOKです(通わなくても良い、リハビリも無し)と言うことでしたが、足は痛むは今後足の力加減や運動等いつ頃からOKなのかなんの説明もありませんでしたので、隣駅の評判の良い整形外科に切り替えリハビリ(理学療養士がいる)をお願いして週一回リハビリに通っています。
在宅でのリハビリの仕方を教えてもらったので、毎日せっせとリハビリしていますがなかなか足の痛みは取れませんね。
今の段階はジョギングもだめでお散歩程度のスピードで歩き、運動や農作業等は11月以降にずれ込みそうです。10月中旬の清里のカウンテイフェアには稲刈りを兼ねて行きたいと思っていますが、農作業はまだだめなようです。焦っていますが焦らずです。

ashi.jpg 右足が細くなりました。

★ DILLさんイベント
農場の息子が日頃お世話になっている八ヶ岳の南麓にある山戸浩介 ユカ(料理研究家)さんご夫妻のお店 DILL EAT,LIFE. でイベントが有り、息子の農場の野菜の販売も行ったそうです。農場の名前も日本語は「ぼくらの農場」、英語は山戸さんのアドバイスで名付けた「Crazy Farm」(いかした農場の意味らしい)となっています。
この時の写真を載せますがDILLさんのHPの方がかっこよく載っていますのでそちらをどうぞ。

dill1.jpg 美味しそうです

昔仕事をしていたPioneerのDJ製品は懐かしいですね。
dill2.jpg   dill3.jpg

dill4.jpg
日本の市場ですか?いいえ、ぼくらの農場(Crazy Farm)です。

dill5.jpg 新品種のミニトマトは大人気!!

◆ SABATINI イベント
ここも野菜を買っていただいている青山のイタリアンレストランのSABATINIさんの35周年イベントに招待された時の写真です。
いろいろな食材を使って料理するマッジックショーですね。
sabatini1.jpg    sabatini2.jpg

sabatini3.jpg   sabatini4.jpg

sabatini5.jpg 野菜もモデルです。


◎ 孫娘
この春から幼稚園に行きだしてから、どんどん成長しています。今は運動会の練習を毎日しているようで、見に行くのが楽しみです。でもジージはまだ走れません。
karen_migaoe.jpg TVチャンピオンに書いてもらった似顔絵


■ ガラケーからスマホへ
17年ぶりに夫婦揃ってガラケーからスマホに変えました。
私 : 富士通 SIMフリー Arrows M03、DOCOMOからMVNOの楽天モバイル、(防水防塵、お財布、ワンセグ)
    通話料も安くなり、前機種の評判は悪かったのですが、改良を加え安定した動きで大満足です。
Screenmemo_2016-09-17.jpg カスタマイズした待受け画面

妻 : iPhone7 plus お友達がほとんどiPhoneなので、Docomo、楽しみながら触っています。
    Docomoは電話帳を入れただけで初期設定等はすべて、家に帰ってから行うということで、私が設定しました。
    家族に設定等できる人がいないと、苦手な人は使えるようになるまで大変ですね~

今流行のポケモンGOもインストールしました。それぞれ1匹捕まえましたが、続けてやるかどうかはわかりません。サクサクと動きます。

※ 産経新聞の山梨版に若手農家による山梨県産野菜を広める「のらごころ」というグループの活動のことが記事になりました。Webからこの記事が読めます。息子の農場のことも名前付きで載っています。
newspaper.jpg

※※ 水と太陽のレシピ
(抜粋)
観光プロモーション課では、今年度「食」のやまなし情報発信事業として、首都圏在住の30~40代女性をターゲットに、峡北地域の食の魅力を発信するため、ホームページ「おいしい山梨 水と太陽のレシピin峡北」を公開しました!
 このサイトでは、地元の生産者やシェフの食材や調理へのこだわりを動画などで紹介したり、本県出身の作詞家・詩人で、やまなし大使でもある覚和歌子さんの食にまつわるエッセイなども掲載しています。 

水と太陽のキッチンの素透撫 (Stove)さんの動画に農場と農場主が載っています。 
動画はHPからとYoutubeから視聴できます。。記事はこちらです。


スポンサーサイト
2016
06.06

田舎通い復活! 2016 お田植え

Category: ぼくらの農場
お久しぶりです。 復活(再開)のお知らせです。

           210160528_taue1.jpg  復活!?


一年前に大腸がんがわかり検査~入院~手術~リハビリ~社会復帰と目まぐるしい一年でした。
術後、半年は運動制限や重いものを持つのは禁止と都会での生活には支障があまりありませんでしたが、田舎では体力勝負のところもありほとんど作業ができませんでした。

先月、術後1年目の検査をしまして(半年ごとに定期検査をしてます)、無事にクリアしました。転移もなくこのまま過ごせそうです。

そんなわけで今年の5月連休から田舎通い復活です。この間いろいろなことがありましたが、それについてはおいおい書いていきたいと思います。

今回は復活(再開)のお知らせと、5月末に2年ぶりにお田植えをしてきましたのでその報告です。
息子の「ぼくらの農場」も少しづつではありますが知名度も上がってきており、農場の野菜を待ってくれるレストランも増えてきました。
稲も今年はコシヒカリ、武川米(農林48号)、紫黒米、酒米(日本酒用)と野菜と同様に種類を増やしています。いろいろ作るのが好きなんですね~ 
さて、今年は私が行った時は紫黒米の2枚(区画)の大きめの田んぼの田植えの手伝いが残っていました。
借りている田植機も例年の機械と若干違いがあり操作を覚えてから、恐る恐る開始です。
日が暮れる前になんとか終わりましたが、疲れました。真っ直ぐに植えるのは運転や操作に気をつけながら、田んぼの先を見ながら神経を集中する必要があります。ちょっと気をするすと曲がります。

210160528_taue2.jpg  210160528_taue3.jpg

210160528_taue4.jpg お田植え2016 終了!


翌日は古民家周りの草刈りです。この時期の雑草の伸び方は信じられないくらいのスピードで伸びますから、わかってはいますがため息を付いてから草刈り開始です。約6時間かけて、終わりましたが、次回来た時はまた伸びているでしょうね。最低月に1回は草刈りが必要ですが、息子の畑や、田んぼも同様ですから農作業というより草刈りが主な手伝いになる予感がします。

20160529_kominka1.jpg  20160529_kominka2.jpg

古民家も手入れが必要ですが前回から2年立っているので持ってくれると良いのですが。ただ、空気の入れ替えや片付け等は息子がやってくれていたので二間+アルファ分の寝泊まりスペースはあるので安心です。春先に友人たちが手伝いに来てくれた時に、気温が寒く土間でバーベキュー(?)したそうです。この場合、田舎の土間のある家はいいですね~
古民家修復も気持ちから開始です。
20160529_kominka3.jpg  20160529_kominka4.jpg

また改めて書きますが、4月から年金を早めに受給する手続きをし、仕事も月に14日働くことを会社と交渉をして月曜日は必ず休みにしました。(まだ会社も私を必要としてくれているようなので、シニアボランティアのつもりで後進の指導やお手伝いをして社会との関わりを持ちながらの生活となりそうです。)
そういう訳で小淵沢に行った時に帰りは渋滞する日曜ではなく、月曜日の早い時間に帰宅し体の負担を軽減するようにしました。やはり楽でしたね~

まずは報告まで。 とは言っても読む人がいるのかいないのかわかりませんが、私の覚書です。
このブログもほとんどほったらかし状態でしたので、少しづつ整理していきたいと思います。
不手際等ある場合はご容赦願います。

2015
10.19

稲刈りに間に合うかな?

Category: ぼくらの農場
ぼくらの農場では稲刈りが始まっています。まずは天日干しの田んぼから開始したようで、2枚が終わったとメールが来ました。


親父はいつ来てくれるかな~とあけちゃん経由で話が来てます。

しかし、親父は仕事が忙しく、まとまって休みが取れず、休出までしています。月末に何とか行けるように考えていますが、稲刈りは終わっていて片付けかな~

来月は半年毎の定期検査、診察があるので、あまり無理もしたくないし、今年は戦力にならないからピークを過ぎてからの手伝いで丁度良いかな。

☆術後5ヶ月

過ぎて、日常生活はほとんど以前と変わらなく過ごしています。仕事も極端に無理はせず、若い人の縁の下の気持ちでやってます。と言っても現場もやってます。ニュースにもあるように人出が足りないからね~

たまに飲み会に参加したりしてますが、生ビール、酒、ワインと量は控え目に適度に飲んでます。流石に平日はノンアルコールで我慢して、週末に飲むようにしています。

トイレはコンスタントにしていますが、常に腸閉塞が頭にあるので食事内容は気をつけています。野菜ジュースは毎日飲んでます。牛乳もカルシウム不足になるので、最近飲み始めました。トンカツ、カップ麺はまだ食べていません。

傷口は表面の部分は肉も盛り上がってきて、痛みはほとんどありません。内部の腸を繋いだ部分がうずきます。秋になって寒くなると余計に感じるようになってきました。我慢できないほどではないので、日帰り温泉に行って体を温めることでプチ湯治ですね。
2015
09.23

家族でお泊り

Category: ぼくらの農場
シルバーウィークに久しぶりに家族で小淵沢に行ってきました。
去年の清里のポールラッシュ祭以来ですから、訳1年ぶりです。(娘家族は定期的に来ているようです)
田んぼの稲もだいぶ色づき黄金色になってきました。韮崎あたりでは稲刈りが始まっていましたが、ぼくらの農場は10月中旬頃になりそうです。
写真は撮りませんでしたが、スズメバチの巣も駆除してもらい、さっぱりしていました。今後は家回りの観察をまめにして早めの退治です。

農作業のほうはお手伝いがいるので、私は古民家周りの草刈と庭木の剪定をしました。
庭木も1年ほったらかしにして伸び放題でした。道路にもはみ出ていたので、今回は庭師です。
お天気も晴れが続き作業するにはちょうど良い気候でした。
久しぶりの草刈は楽しかったですね~ 機械をぶんぶん振り回してストレス解消にはもってこいです。
P1030228_320.jpg 稲も色づき始めました

P1030229_320.jpg

庭木の剪定も思い切り短くして庭に陽が差し込むようにしました。道路にはみ出た部分も短くし、ご近所さんの迷惑にならないようにしました。
P1030222_320.jpg さっぱりしました

P1030224_320.jpg ミラーも良く見えます

●古民家で寝ました。
孫はみんなで寝るのが楽しく運動会状態でした。足らない布団は横浜から持って行ったので4~5人は寝れると思います。隙間風がありますから、使用できるのは11月くらいまでですかね~。
来年からはまた古民家の修復に入りたいと思っています。(大きな改修等は厄年中なのでやらない方がよいと御聖人に言われたので自重しながらになります)

P1030231_320.jpg 二間(20畳)で寝ました

2日目の夕食は農場でお世話になっているお店を息子が予約してくれていたので、お任せで行きました。
「DILL」さんです。奥さんが料理家で有名な方でイベント等いろいろ呼ばれていて、息子も良い意味でお付き合いさせてもらっています。あとは良い・・・・なんですが、無理強いはできませんからね~

帰りはニュースのとおりの大渋滞のなか、横浜に帰りました。

2015
09.05

約1年ぶり農場&古民家来訪

Category: ぼくらの農場
8月の最終週末に2泊3日で小淵沢に行ってきました。なんと昨年の10月のポールラッシュ祭以来ですから、十ヶ月ぶりの来訪です。身体のほうはだいぶ元に戻ってきたと思っていますが、回りが今年は無理はしないでと言うことなのでぐっと我慢しながらの訪問でした。連日、あいにく(?)の雨で外仕事はあまりできず残念でしたが、農場や古民家も予想より手入れはされていて安心しました。

●住まい回りは草だらけでした。
田んぼの景色は良いですね~
P1030131_256.jpg P1030177_256.jpg

★ぼくらの農場
一通り農場を見て回りました。
昨年の大雪で倒壊したビニールハウスもしっかり建て直されていました。ハウスの中も秋野菜の苗やトマト等をハウス内でも栽培し、少しでも長く出荷できるように育てています。相変わらず珍しい野菜が多く名前が覚えきれません。
P1030134_256.jpg P1030140_256.jpg

P1030142_256.jpg P1030154_256.jpg

P1030147_256.jpg P1030149_256.jpg

※この田んぼで育てているお米は「農林48号」です。(他の田んぼはコシヒカリです。)いわゆる山梨の武川米としても有名です。このお米はコシヒカリとちがい、冷めてもおいしいお米です。息子によると収穫後の宅配用のお米にするそうなので、楽しみです。場所により、コシヒカリより値段も高いのですが、たぶん同じ価格になるでしょう。
お米の生育は種まき時期に種まきをしてすぐに高温状態が続き、苗がだめになり、急遽種まきをやり直したので他の田んぼより遅れています。このところの日照不足や雨、低温等予断は許さない天候が続いています。
P1030151_256.jpg P1030153_256.jpg

P1030157_256.jpg P1030182_256.jpg

雑草に覆われていたフブラックベリー畑も友人達に草刈をしてもらったせいで綺麗になっていました。来年は元に戻したいと願う親父です。
一方、ブルーベリーも沢山の実がなっていましたが、ほとんど採られずかわいそうなことをしました。ただ、鳥達のえさにはなったかもしれません。味見をしてみましたが、雨が多く降っているせいか、甘いのとすっぱいのと木によりまちまちでした。ここも手入れをしたいですね。
P1030186_256.jpg P1030180_256.jpg

下の写真右側の畑は今年から頼まれて始めた畑でまっすぐに伸びて広く、トラクターも入りやすく作業がしやすいです。今後の主力の畑のひとつになるかもしれません。
P1030179_256.jpg P1030193_256.jpg

P1030219_256.jpg P1030220_256.jpg

ネットニュースで載っていた北杜市のメガソーラーです。やはり山を切り開いて作られていました。電力買取の補助金が無くなった以降や自然災害等による損傷、メンテナンス等継続できるのか不安ですね。ゴーストにならなければ良いのですが。
P1030191_256.jpg

■古民家
まずはスズメバチが軒下に巣を作っていました。役所に聞いて処理業者を紹介してもらいました。
P1030175_256.jpg

この古民家で最初に改造した部屋にWwoof(ウーフ)で農作業を手伝ってくれている女性が暮らしていました。
昨年はイギリスの農家で同じように仕事をしてきて、日本に帰ってから紹介で来てくれたそうです。本業は芸術家でプラネタリウム関係だそうです。海外に友人も多く個性的な女性です。
そんなわけで給湯器を取り付けシャワーを使えるようにしたり、和室の古い畳を取り外して床にしたりと綺麗にしてくれています。あいにくの雨模様で外からの修理はできませんでしたが、もう一間の和室も使えるように整理をしてきました。友人や手伝いの人が来たときは泊まってもらっているようです。
最初に来たときはしめっきりだったせいで、カビが生えたり、臭いもかび臭くて大変だったそうです。(ご苦労様でした。感謝感謝)
そういう私も2泊しました。秋までは大丈夫だと思います。(真冬はNGでしょう。)
P1030201_256.jpg P1030211_256.jpg

P1030213_256.jpg P1030212_256.jpg

久しぶりの田舎はやはり良いですね~ 気持ちがむずむずしてきます。身体とも相談しながら急がず、あせらずでやっていきたいですね。息子の邪魔を少しだけしながらと考えています。
連日温泉につかり、夕食はお世話になっているお店に食べに行ったりと楽しく過ごしてきました。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。